ご挨拶

「ゆとりと信頼」を掲げて平成16年に喜島クリニックを開設しました。
胃腸科疾患、特に内視鏡検査治療を最も得意分野としております。
データはファイル化して保存し必要な時に継時的に並べて検討できます。
令和4年にはクリニックの総内視鏡検査件数が1万3000件を超えました。
クリニックの診療にはおのずと限界があります。
そのために、バックアップとしての連携病院と意思疎通が十分にできる第一線の専門医との交流を大事にしてきました。
総合病院の胃腸科外来診察室を訪れるつもりで受診してください。
病気の治療は、より早く、より小さく、より軽くがベストです。
その実現のためにこれからも微力ですが努力を怠らないつもりです。

院長 喜島 健雄
喜島クリニック院長 喜島 健雄

当院の特長

豊富な経験に裏打ちされた診断技術、安全で苦痛の少ない内鏡検査

看板
待合室
猫の絵
処置室
エコー
洗浄機

お知らせ

2月28日水曜日 午後臨時休診

都合により28日午後は内視鏡検査のみで外来は休診となります。ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。

有名人の末期大腸がん

最近有名人が末期大腸がんで亡くなるケースが何例かありました。実に残念なことです。一度でも大腸内視鏡検査を無症状のうちに受けていれば防げてるはずです。50才過ぎたら自分の大腸の中を知っておきましょう。ハードルを下げておくことです。一回大腸検査した人に進行大腸がんが発見されることが少ないという研究結果が報告されています。2023.11.27

港区胃がんリスク検査

胃がんリスクが採血で判ります。30歳以上適応。ピロリ除菌した方を除きます。

胃がんはピロリ菌感染の後遺症の一つです。約8年無症状です。ピロリ菌は乳児期に感染して一生胃に住み続けま

す。5歳以降になると免疫が確立してピロリ菌が胃に入っても感染しません。

この感染が起きているか否かを調べる検査です。

リスク有の方は胃カメラで確認して適切な治療おこないます。ご相談下さい。

2023.6.14

アニサキスについて

生魚を食べた後に強い胃痛が出た場合アニサキスかもしれません。痛みは波状的に来ます。胃薬は効果ありません。この虫は約5日で死んで症状は消えますが、緊急内視鏡で除去すれば即座に解消します。当院は緊急対応の胃カメラ可能です。開院以来57例摘出しています。朝食取らずに電話でご相談ください。

帯状疱疹ワクチン シングリックス

有効率97%で8年効果持続します。2か月あけて2回接種です。一回25000円で合計5万円です。

現在ワクチンはすぐに入手できます。  2022.6.23 

港区にお住まいの方に接種助成金が出ることになりました。

50才以上の港区民が対象です。区から説明書類が送付されます。ご希望のかたは区に申請して書類を請求してください。当院での自己負担は1回1万円 合計2万円になります。  帯状疱疹ワクチンコールセンター 03-6400-0094

当院ではご相談お受けします。2024.2.20